適当速報

管理人が気になったスレッドをメモ代わりに記録してるサイトです。 ゲーム、料理、格闘技の記事が多くなると思います。

    プロレス

    1: 2017/09/06(水) 16:54:32.06 ID:CAP_USER9
    蝶野正洋、高山善廣のケガに「取り返しがつかない。団体が規制を作らないと止まらない」
    2017年9月5日21時56分

    プロレスラーの蝶野正洋(53)が5日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)で、
    頸髄完全損傷で医師から回復の見込みがないと診断されたプロレスラー・高山善廣(50)についてコメントした。

    蝶野は「事故があったことは聞いていましたけど、こういう状況だってはっきり伝わってこなくて…
    (頸髄)完全損傷ですか? 取り返しがつかない形になってる」と話した。
    さらに「高山君は、先輩から後輩から、業界で信頼のある選手です。今も支援していこうという形が
    選手間の中で出てきましたので、是非回復を」と願った。
    「彼は新日本のリングで、一度脳梗塞って言う形で長期の欠場をして、そこから復帰をして、
    本当に不屈の闘志を持っている人ですから、是非頑張ってもらいたい」とエールを送った。

    またプロレス業界全体での事故防止の取り組みを問われると
    「使う側(団体)がそういうルールを作るしかないと思う。選手は多少のケガを押してでも、
    無理をしてでも、自分をアピールして出る。使う側が見極めて、規制を作らないと止めようがないと思う」
    と話した。

    「(高山選手は)キャリア25年以上。そういう選手になると古傷があります。
    本人達もリングに上がる前は怖いんです。ただ、リングに上がったら、そういった制御がなくなっちゃうところがある。
    今回はリング上で起きた事故ですけど、業界全体、プロモートする側、
    使う側がルールっていうのをかけないと止まらないと思います」と訴えた。

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170905-OHT1T50170.html
    蝶野正洋
    no title

    【【プロレス】蝶野正洋、高山善廣のケガに「取り返しがつかない。団体が規制を作らないと止まらない」】の続きを読む

    20070128_14565


    1: 2017/09/04(月) 14:40:17.13 ID:HlXjFgxn0
    試合中に首に大けがを負い長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)=高山堂=の現状についての会見が4日、
    都内の後楽園ホール展示会場で行われ、頸髄(ずい)完全損傷で回復の望みはないと診断されたことが発表された。

     高山は5月4日のDDT大阪・豊中大会で回転エビ固めを賭けた際に頭から落ちて動けなくなり、大阪府内の病院に救急搬送され、同月8日に手術を受けた。
    当初の診断名は頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていたが、この日に頸髄完全損傷であると発表された。

     会見には、高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長、有志代表として鈴木みのる、高山のマネジャー石原真氏が出席。
    石原氏は高山の現状を「意識はあるが、首から下の感覚がなく、人工呼吸器をつけて呼吸をする状況でした。
    現在、自分で呼吸できるようになり、ICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、8月中旬に関東の病院に転院しました。
    自分で呼吸のできる状況です。ただ、肩から下の感覚が戻っておりません。お医者様からは『回復の見込みは現状ない』と言われております。
    本人も絶望を口にしている状況でしたが、少しでも望みを持って、リハビリを行っております」と説明した。

     鈴木は厳しい現状に、涙をこらえきれず。
    「10何年か前、オレが体もよくないし、プロレスできないなと思ってた時に、彼とドン・フライの試合を見て、オレは何やってんだろうと思って。
    その後、戦って意気投合して、新日本プロレス、全日本プロレス、各メジャー団体を一緒に暴れ回って、同じ時間を共有した、自分の親友です」と声をを詰まらせながらコメント。
    続けて、「普段、『バカヤローッ』って、人のことぶっ飛ばしてるクソ野郎が何を言っても皆様には響かないと思いますが、ぜひ高山善廣に…勇気をたくさんもらったと思うので、力を貸して下さい。
    前田日明さん、彼の一番最初の師匠である高田延彦さん、ぜひ、力を貸して下さい」と呼びかけた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000071-dal-fight

    【【プロレス】高山善廣の頸髄完全損傷に対するプロレスファンの反応】の続きを読む

    9f03ad6e31ee302374871b60a94ab3e2


    1: 2017/09/04(月) 14:40:56.46 ID:CAP_USER9
    9/4(月) 14:29配信

    デイリースポーツ
    高山善廣は頸髄完全損傷「回復の見込みなし」親友の鈴木みのる涙

    高山善廣

     試合中に首に大けがを負い長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)=高山堂=の現状についての会見が4日、都内の後楽園ホール展示会場で行われ、頸髄(ずい)完全損傷で回復の望みはないと診断されたことが発表された。

     高山は5月4日のDDT大阪・豊中大会で回転エビ固めを賭けた際に頭から落ちて動けなくなり、大阪府内の病院に救急搬送され、同月8日に手術を受けた。当初の診断名は頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていたが、この日に頸髄完全損傷であると発表された。

     会見には、高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長、有志代表として鈴木みのる、高山のマネジャー石原真氏が出席。石原氏は高山の現状を「意識はあるが、首から下の感覚がなく、人工呼吸器をつけて呼吸をする状況でした。現在、自分で呼吸できるようになり、ICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、8月中旬に関東の病院に転院しました。自分で呼吸のできる状況です。ただ、肩から下の感覚が戻っておりません。お医者様からは『回復の見込みは現状ない』と言われております。本人も絶望を口にしている状況でしたが、少しでも望みを持って、リハビリを行っております」と説明した。

     鈴木は厳しい現状に、涙をこらえきれず。「10何年か前、オレが体もよくないし、プロレスできないなと思ってた時に、彼とドン・フライの試合を見て、オレは何やってんだろうと思って。その後、戦って意気投合して、新日本プロレス、全日本プロレス、各メジャー団体を一緒に暴れ回って、同じ時間を共有した、自分の親友です」と声をを詰まらせながらコメント。続けて、「普段、『バカヤローッ』って、人のことぶっ飛ばしてるクソ野郎が何を言っても皆様には響かないと思いますが、ぜひ高山善廣に…勇気をたくさんもらったと思うので、力を貸して下さい。前田日明さん、彼の一番最初の師匠である高田延彦さん、ぜひ、力を貸して下さい」と呼びかけた。

     高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長は、高山を支援する「TAKAYAMANIA」を立ち上げ、各団体に呼びかけて試合会場に募金箱を設置、応援グッズ販売、高谷プロデュースによるプロレス興行などを行うことを発表。活動の収益はすべて高山の治療費に充てられるという。また、募金の振込も呼びかけられた。振込先は以下の通り。



    【問い合わせ】takayamania.staff@gmail.com

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000071-dal-fight

    【【プロレス】高山善廣の負傷が頸髄完全損傷と公表、肩から下の感覚戻らず「回復の見込みなし」 】の続きを読む

    1: 2017/07/26(水) 16:50:35.91 ID:CAP_USER9
    7/26(水) 16:30配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000050-mai-fight
    馳浩・前文部科学相
    no title

     ◇後楽園ホールの「プロレスリング・マスターズ」に出場

     馳浩・前文部科学相(56)が26日午後7時、東京・後楽園ホールで開かれる「プロレスリング・マスターズ」に出場する。
    2006年の引退以来、11年ぶりのリング復帰となる。試合は師匠の長州力さんらと組む6人制タッグマッチ。

     馳氏は1995年に政界進出し、レスラー議員として試合にも出場した。引退の際に「大臣になって戻る」と宣言した通り、
    15年10月から10カ月間文科相を務めての復帰となる。【伊澤拓也】

    【【プロレス】馳浩(56)、11年ぶりにリング復帰 長州力らとタッグマッチに出場へ】の続きを読む

    399b6c6d

    1: 2017/07/17(月) 13:48:39.96 ID:CAP_USER9
    全日本プロレスやFMWなどで活躍したプロレスラーのターザン後藤が後藤好江さんとの新婚夫婦として16日放送の
    朝日放送・テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」に出演した。好江さんが営むラーメン店に客として訪問したことが
    出会いのきっかけだったという。

    好江さんと手をつなぎスタジオに姿を見せると、客席からはどよめきが漏れた。桂文枝から「脅して出て来たとか…」と
    おずおずと尋ねられると「1回出てみたくて」と応募したと明かした。お仕事は、の問いには「プロレスラーです」。
    流血をいとわないスタイルを繰り広げてきたことから、顔には傷跡が多く残っており、山瀬まみから「縦にいっぱい線が…」と
    驚かれていた。

    墨田区は東京スカイツリー近くに好江さんが営む「太楼ラーメン」に、客として来たのがなれそめだった。しかし、
    こわもてということもあり、好江さんはカウンター席が空いているにもかかわらず、奥の座席に案内した。ターザンは
    「ワンタンスープ」を注文したが、早く帰ってもらおうとした好江さんから、ワンタン抜きのただのスープを出されたという。

    しかし、ターザンは「この店のワンタンスープはワンタンが入ってないんだ」となぜか納得してしまった。そればかりか好江さんに
    「一目見てひかれたんです」とほれ込んでしまい、通い詰めることに。再びワンタン抜きのワンタンスープを出されたり、
    レバー抜きのレバニラ炒めを出されたりしても「ダシだけ使ってるのかな」と気にせず通っていた。

    ほどなく別の客から、ターザンがプロレスラーであると知らされ、好江さんも態度を軟化。ようやくワンタン入りのスープを出し、
    また誕生日が同じであることや、1年だけだが静岡県で通っていた小学校が同じだったことなどから距離を縮めていったという。

    現在は「太楼ラーメン」で修行中だというターザンは、大根おろしで指を少し切っただけで大騒ぎになると好江さんに
    暴露されてしまった。文枝から、試合で「血だらけになってるのに」と突っ込まれると「やっぱり痛いですよね。プロレスの場合は
    ケガして当たり前という覚悟でやってますけど、まさかラーメン屋さんでケガするという前提がないんで。そこでいきなり
    大根おろしで指切ったら痛いですね」とかわいらしい一面を見せていた。

    ターザンは女子プロレスラーのデスピナ・マンタガスとの結婚歴がある。番組ではターザンと好江さんがいつ結婚したかに
    ついては触れなかったが、出演条件は3年以内の新婚夫婦となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000063-dal-fight

    【【プロレス】ターザン後藤が「新婚さんいらっしゃい!」に出演 妻はラーメン店営む好江さん】の続きを読む

    このページのトップヘ