適当速報

管理人が気になったスレッドをメモ代わりに記録してるサイトです。 ゲーム、料理、格闘技の記事が多くなると思います。

    ニュース

    94381938_1

    1: 2017/07/19(水) 13:46:01.83 ID:CAP_USER
    公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

    年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

     18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。
    http://www.asahi.com/articles/ASK7L5WC7K7LUTFK01C.html

    【【政治】年金受給開始「75歳からも」内閣府の検討会で意見】の続きを読む

    1: 2017/07/19(水) 21:43:53.39 ID:CAP_USER
    究極のクリーンエネルギー”
    水素は、よく、そう表現されます。二酸化炭素を出さない次世代エネルギーの本命とも言われます。ただ、今、日本で利用されている水素エネルギーは、実は製造過程で二酸化炭素が発生し、理想を完全には実現できていません。さらに期待したほど普及が進まず、厳しい現実に直面しています。“水素社会”は本当にやってくるのでしょうか。

    今月、トヨタ自動車と東芝が、相次いで水素の新たな事業を発表しました。目指すのは二酸化炭素ゼロの究極の水素を作り出す取り組みです。

    トヨタが始めたのは風力発電。神奈川県などと共同で、横浜市にある風力発電所に水素の製造装置を作りました。CO2を出さない風力の電気を使って、水を電気分解して水素を取り出します。できた水素は近くの工場のフォークリフトの燃料に利用します。一方、東芝は太陽光発電です。やはりCO2を出さない太陽光の電力で水から水素を取り出し、工場や港で動く車の燃料にします。

    実は、今、日本で使われている水素の多くは、天然ガスから取り出す方法で製造されています。しかし、これだと、製造過程でCO2が排出されてしまいます。トヨタと東芝の試みは、水素の製造から利用まで一貫してCO2を出さないことがアピールポイントです。

    東芝の次世代エネルギー事業開発プロジェクトチームの大田裕之統括部長は「世界のエネルギー需要を見ても、二酸化炭素をどう減らすかが課題になっている。それを解決できるのが水素だ」と強調していました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/still/biz_0719_01_fuuryoku.jpg

    日本の大手企業が、なぜ、相次いで、こうしたアピールを行ったのでしょうか?

    1つには、水素が思うように普及しないという焦りがあります。水素が次世代のエネルギーとして大きく注目されるようになったのは2002年。トヨタとホンダが、水素を燃料にする燃料電池車のリース販売を開始したことでした。

    燃料電池車は、燃料の水素と空気中の酸素を使って電気を起こし、それをエネルギーに走る車。排出されるのは水だけです。2年前には、トヨタは一般の消費者向けに燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の販売を開始。エコカーの“本命”がいよいよ登場、と期待が高まりました。

    しかし、「MIRAI」のメーカー希望小売価格は723万円(補助金含めず)と高額で、なかなか手が出ないのが正直なところ。これまでに国内で売れたのは1770台です。水素を補給する水素ステーションも建設費用が高く、思うように整備が進んでいないのが現状です。

    量産できれば車の価格も下がり、もっと買いやすくなるし、水素の消費も増える。そうすれば水素ステーションも採算が合い、あちこちで整備が進む。残念ながらそういう好循環はまだ起きていません。トヨタの友山茂樹専務も「いかに使い手を増やしてコストを下げていくかが課題だ」と話しています。

    燃料電池車の普及が進まない中、エコカーとして一気に存在感を高めたのが電気自動車(EV)です。

    電気自動車のリーダー的メーカー、アメリカのテスラ・モーターズの株式の時価総額が、4月にGM=ゼネラル・モーターズを一時、上回り、話題をさらいました。電気自動車の今の勢いを物語るエピソードです。

    世界最大の自動車市場・中国では、電気自動車を優遇する国家戦略が進んでいます。ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンは2025年までに30車種以上の電気自動車を販売すると宣言。今、世界的な“EVシフト”が進んでいます。

    燃料電池車は、“車の中”で電気を作ります。それに対して、電気自動車は、“車の外”から電気を入れます。どちらも電気で動くエコカーという点では共通していますが、コストが大きく違います。それが電気自動車リードの大きな理由です。

    自動車メーカーや各国の政府が今すぐ普及できる次世代のエコカーを考えたとき、車体の価格で見ても、充電器の整備などインフラ整備の手間を見ても、現時点では、電気自動車に軍配があがるのは間違いありません。
    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0719.html

    【【トヨタ】水素自動車、普及が進まず】の続きを読む

    91GwtUhX-0S

    1: 2017/07/19(水) 10:08:32.75 ID:CAP_USER9
     荒川弘さんの人気マンガ「銀の匙 Silver Spoon」が、26日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)35号から休載されることが19日、分かった。19日発売の同誌34号で「次号より、しばらくお休みします」と発表された。「銀の匙」は、5日発売の同誌32号に第121話が掲載され、約10カ月ぶりに復活したことも話題になり、19日発売の同誌34号には第123話が掲載されたが、再び休載することになった。再開時期については、同誌やウェブサイトなどで発表される予定。

     同作は2011年に連載がスタート。荒川さんの家族が体調を崩し、療養をサポートするために不定期連載になると14年に発表され、以後は、15年4~5月、16年1~2月、16年8~9月に掲載された。

     「銀の匙」は、大自然の広がる北海道の農業高校を舞台に、進学校の受験戦争に行き詰まった少年・八軒(はちけん)勇吾が、仲間に支えられて成長する姿を描いた青春ストーリー。「マンガ大賞2012」を受賞し、13年7~9月、14年1~3月にテレビアニメが放送されたほか、14年3月には人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演で実写映画が公開された。

    2017年7月19日
    https://mainichi.jp/articles/20170718/dyo/00m/200/028000c

    銀の匙 Silver Spoon
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/07/18/20170718dyo00m200028000p/7.jpg

    【【漫画】「銀の匙」10カ月ぶり連載再開も、わずか一ヶ月で休載に 再開時期は未定】の続きを読む

    1: 2017/07/18(火) 06:41:08.68 ID:CAP_USER9
    4TB HDDが1万円切り 新モデル登場の影響か (1/2) - ITmedia PC USER
    http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1707/15/news019.html
    2017年07月15日 11時06分 更新
    Seagateの4TB HDD「BarraCuda ST4000DM000」が週末特価で1万円切りとなっている。そのほか、SuperFlowerの修理戻り電源が激安で店頭に並ぶなど、3連休は見所が多い。

    「2プラッタモデルが出るからかな」――Barracuda ST4000DM000が狙い目

     今週、Seagateから2TBプラッタを採用した新しい3.5インチ4TB HDD「BarraCuda ST4000DM004」が登場した。税込み価格は1万3000円弱。TSUKUMO eX.は「明らかに軽くなりましたね。部品が少なくなれば故障リスクも下がるということで気にかけている人もいると思います」と話す。

     新モデルが出ると在庫一掃のために割安感が増すのが旧モデルだ。今週末は旧4TBモデルの「BarraCuda ST4000DM000」の特価が目立っている。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の税込み価格は9999円だ。「型落ちとはいえ4TBが1万円切りはそうそうないので狙い目ですよ」とプッシュする。

     そのほかにも、パソコンSHOPアークが東芝の8TBモデル「MD05ACA800」を税込み2万6980円とするなど、大容量HDDの特価も多い。ストレージ構成の強化を考えているなら要注目だ。

    http://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1707/15/og_akibatokka_003.jpg

    【【PC】4TB HDDが1万円切り 新モデル登場の影響か】の続きを読む

    topic-03288-1

    1: 2017/07/18(火) 07:12:23.42 ID:gotOPXku0
    世界最大の格闘ゲーム大会「EVO2017」で日本人のときど選手が優勝
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000019-it_nlab-sci

    > ラスベガスで開催していた世界最大の格闘ゲーム大会「Evolution 2017(EVO2017)」のストリートファイターV部門で、
    > 日本人のときど選手が優勝した。同部門のエントリーは2000人以上。

    【東大卒のプロゲーマーが格闘ゲーム世界大会で優勝して賞金3万5千ドル獲得】の続きを読む

    1f6bc6f3-s

    1: 2017/07/17(月) 08:37:58.37 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3135965?act=all

    【7月17日 AFP】1968年の古典的カルト映画『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(Night of the Living Dead)』でゾンビ映画のひな型を作った米国の映画監督、ジョージ・A・ロメロ(George A. Romero)氏が16日、死去した。77歳。

     マネージャーが明らかにした。肺がんを患っていたという。(c)AFP

    2017/07/17 07:50(ロサンゼルス/米国)

    2009年のベネチア国際映画祭に参加したジョージ・A・ロメロ監督(2009年9月9日撮影)。(c)AFP/DAMIEN MEYER
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/b/-/img_5b322a661e21172a4c8a48cdc3dc9ecd183972.jpg

    【【訃報】ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・ロメロ監督逝く 77歳】の続きを読む


    docomowithic

    1: 2017/07/16(日) 14:52:59.88 ID:csBeY0S90
    総務省は、スマートフォンのデータ使用量が多くないにもかかわらず、大容量のプランで契約し続けている利用者が少なくない現状を踏まえ、携帯大手3社に是正を求める検討に入った。
    調査によると、大手3社のスマホ利用者の約半数はデータ使用量が2ギガバイト未満。
    しかし、2ギガバイト以下のプランで契約する人の割合は2割程度にとどまり、7ギガバイト程度の契約が主流に。
    一方、5割超のスマホ利用者は調査に対し、一度契約した後は、他のプランに変更した方が料金の節約になるかどうか調べたことがないと回答
    契約内容と実際のデータ使用量との差について、総務省の担当者は
    「大きなギャップがある。利用者がいかに自分にふさわしいプランを選択できるようにするかが課題だ」
    とコメントしている。
    http://www.jiji.com/sp/article?k=2017071500283&g=eco

    【【悲報】総務省が「au」「ドコモ」「ソフトバンク」にブチギレ】の続きを読む

    sinboru_400x400

    1: 2017/07/16(日) 07:45:36.75 ID:CAP_USER9
    7/16(日) 6:30配信 毎日新聞

     厚生労働省は、生活保護受給世帯から大学に進学した子どもに対する給付金創設の検討を始めた。併せて、子どもが大学生になると家賃相当の保護費が減額される仕組みも廃止する。経済的負担が進学を妨げ、親から子への貧困の連鎖を招いていると指摘されてきた。来年度からの実施に向け、年末の予算編成段階で制度設計し、使途や金額などを決定する。【熊谷豪】

     生活保護を受けながら大学に通うことは認められていない。大学に進学すると、子どもは同居していても別世帯として扱う「世帯分離」が行われ、親の保護費が減額される。東京23区内の母子3人家族の場合、生活費に相当する「生活扶助」と母子家庭への加算が計約4万4000円、家賃に当たる「住宅扶助」が約6000円それぞれカットされ、月額約22万円になる。

     一方、生活保護世帯から独立した大学生は国民健康保険料を払わなければならず、新生活のためのお金もかかる。だが、アルバイト代など高校生の時の蓄えは受験料や入学金など使途が制限され、「卒業後への備え」は認められていない。

     このため、進学意欲があっても経済的負担を考えて進学を諦めるケースがある。保護世帯の大学などの進学率は19%と全世帯の52%を大きく下回る。独立行政法人「労働政策研究・研修機構」によると、大卒・大学院卒と高卒の生涯賃金の差は男性が約6000万円、女性は約7000万円に上り、進学が将来の生活にも影響を与える可能性がある。

     支援団体などからは世帯分離の廃止を求める声が出ているが、厚労省は、保護を受けない貧困層との公平性などを考慮し世帯分離は継続する考えだ。ただし、同居を続ける場合、住宅扶助のカットをやめ、進学前と同額支給する。その上で、大学生が新生活を始めるための給付金を検討している。使途については学費は奨学金で賄うこととし、生活にかかる費用を想定している。

     政府は6月に閣議決定した経済財政の基本方針「骨太の方針」で、保護世帯の子どもの大学進学支援に財源を確保することを明記している。

     【ことば】生活保護費

     日常の生活費に相当する生活扶助▽家賃を支給する住宅扶助▽自己負担なしで医療機関にかかれる医療扶助--など生活に必要な費用を現金で支給したり、自治体が代わりに支払ったりする。金額は地域や世帯の人数・年齢で異なる。障害者や母子家庭などへの加算もある。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000004-mai-soci

    【生活保護世帯、大学進学に給付金 厚労省検討】の続きを読む

    このページのトップヘ