適当速報

管理人が気になったスレッドをメモ代わりに記録してるサイトです。 ゲーム、料理、格闘技の記事が多くなると思います。

    レトロゲー

    1: 2017/08/12(土) 16:42:07.23 ID:GE9bvUum0
    懐かしのステージのリメイク
    https://www.youtube.com/watch?v=AG6z9E6_LA8


    https://www.youtube.com/watch?v=Tj68ZLz8WWo


    当時風の16bitグラフィックで物凄いクオリティの新規ステージ
    https://www.youtube.com/watch?v=amVcuzjMUPM


    https://www.youtube.com/watch?v=dvNQw9MROns


    https://www.youtube.com/watch?v=fEqY8WBJ-gI



    セガサターン風ポリゴンで作られた90年代ライクなボーナスステージ
    https://www.youtube.com/watch?v=vDm8KZZkovk



    これロックマン8とか9の比じゃないくらい出来良い
    海外でバカ売れ確定

    【【ゲーム】ソニック最新作の出来がいい件について】の続きを読む

    61PSFN8XD5L

    1: 2017/08/11(金) 18:23:51.51 ID:FdWM5JUK0
    https://gamerant.com/shenmue-hd-remasters-sega/


    数年前、セガはシェンムーの商標権を失ったが
    その後、再登録し現在も権利を保持している。
    そしてそれは同社がシェンムーHDリマスター版の
    発売を考慮していることを意味しているようだ。


    なぜならファンがシェンムー1、2のリマスター版の発売を期待しているなか
    セガはついにHD版発売について公式に「活発に追及している」と認めたからである。
    セガヨーロッパの副社長ジョン・クラーク氏によると
    シェンムーリマスター版の製作は以前から社内においても熱望されていた企画だったが
    遂にそれが実行に移されたらしい。


    クラーク氏は直接その作業を
    確認したわけではないとしながらも


    「これは我々が以前から起こしたかったものです。
     我々が以前から挑戦させたかった企画だと言ってもいいですね。
     そして私は、これは多くの人が望んでいたことだとも思います。
     大きな仕事ではありますが、意味のある仕事であり
     我々が活発に追及し続けてきたものです」

    とコメント。

    【【ゲーム】セガ、シェンムー1&2HDリマスターを開発中か?】の続きを読む

    daa956d6125dec09ef8764ab3c3eb712

    1: 2017/08/02(水) 10:38:29.31 ID:0tj6tEbsd
    豪華開発陣で話題となったRPG『Unsung Story』開発元Playdeckがプロジェクトを売却。3年前にKickstarterで66万ドルを集める
    http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20170802-51781/

    2014年にKickstarterで66万ドル以上の開発資金を集め話題となった『Unsung Sotry』。
    同作の開発を進めていたスタジオ「Playdeck」が、プロジェクトのIPとアセットをすべて別の会社へと売却したことを明らかにした。
    IPを取得したのは2003年に設立されたイギリスのゲーム開発&パブリッシャー「Little Bit」で、「Adventure Time」など版権キャラクターモノの3Dゲームを中心に開発・販売を続けている。
    プロジェクトは今後も継続される予定だという。

    2011年に設立された「Playdeck」は、iOS向けのボードゲームやカードゲームを開発してきた米国のスタジオ。
    2013年9月にターンベース型RPG『Unsung Story』シリーズを発表し、翌年2月にKickstarterで開発資金を集めるためクラウドファンディングを実施した。
    『オウガバトル』シリーズや『ファイナルファンタジータクティクス』で知られる松野泰己氏が、
    ゲーム原案と世界観・シナリオを考案した点も注目を集め、1万5824人から66万126ドルを集めることに成功していた
    (※ なお松野氏はあくまでこれらを考案したのみで、開発には参加していない)。

    しかしKickstarterでの成功から半年ほどが経過すると、開発の進捗報告は徐々に途絶えがちになり、
    2015年に入ると「Playdeck」は開発資金が底をつき経営危機から主要スタッフが退社していた実情を吐露。
    2016年2月にはリリースの無期限延期が発表され、開発再開へ向けて小規模のプロジェクトをこなしていくことを明らかにしていた(関連記事)。

    【【ゲーム】タクティクスオウガ開発者原案のRPG、66万ドルを集めるも資金がつきプロジェクト売却】の続きを読む

    ダウンロード (2)

    1: 2017/07/21(金) 07:30:59.90 ID:8k7f0g1h0
    http://www.usgamer.net/articles/nintendo-files-for-a-nintendo-64-trademark-is-a-nintendo-64-mini-coming


    任天堂が欧州連合知的財産庁を通じて
    Nintendo64型コントローラーを含む
    4つのゲーム機用コントローラーの
    ヨーロッパでの商標権を獲得した事が明らかになった。


    そして、この商標権の獲得に対しNintendo64ミニの発売が
    任天堂内で議論されているのではないかとの推測を呼んでいる。


    ファミコンミニの成功と
    スーパーファミコンミニへの期待を考慮すれば
    それは当然だと言えるだろう。


    この商標は今年7月18日に登録されネット上で発見された。
    内容的には
    FC型コントローラー、SFC型コントローラー、N64型コントローラー、
    Switch型コントローラーの4種が登録されており

    「データ通信機器とその装置」
    「アーケードビデオゲーム機向け作られた電子記憶媒体」
    「ビデオゲーム機向けの部品または付属機器」
    「ビデオゲーム機向けのコントローラー、ジョイスティック」

    と分類されている。

    【【海外ソース】任天堂がN64ミニの制作に乗り出したか?】の続きを読む

    このページのトップヘ