適当速報

管理人が気になったスレッドをメモ代わりに記録してるサイトです。 ゲーム、料理、格闘技の記事が多くなると思います。

    1: 2017/07/21(金) 14:45:21.93 ID:CAP_USER
    総務省は今年1月、2018年12月1日から4K/8Kの実用放送を開始することを明らかにした。それにともない、各メーカーは対応チューナーの開発を始めなければならないタイミングに差し掛かっている。

    ところが、この次世代放送に際し、消費者の目線からは看過できない運用ルールの変更が、NHK主導で進められようとしていることが筆者の取材で明らかになった。

    その実態を端的に説明すると、「消費者の負担増」である。

    これまで消費者は放送の暗号化および契約者識別に用いるICチップ(現行方式ではB-CASカード、新方式ではACASチップ)のコストを負担してこなかった。ところが、4K/8K放送に対応するすべてのテレビや外部チューナー、あるいはレコーダーなどの価格に、ACASのコストが上乗せされる可能性が高くなっているのだ。

    2018年12月まで1年半を切った今、ACAS規格を策定している一般社団法人「新CAS協議会(NHKおよび有料放送事業者による業界団体)」は、万一、加入者識別の仕組みが破られたことを懸念し、ACASの機能をカードではなくチューナー搭載機器に埋め込む方向で押し切ろうとしている。

    これが大きな問題だ。従来のB-CASカードは1枚当たり300円のコストがかかっていたが、このコストのうち210円は放送事業者が、残り90円は受信機メーカーが負担してきた。消費者はカードが故障したときのみ2050円を負担する必要があるが、テレビやレコーダーの販売価格に上乗せされるものではなかった。

    ところが新CAS協議会が主張する方式では、中間業者である半導体商社がチップを各メーカーにACASチップを販売したうえで、チューナー部に直接搭載することが求められる。すでに新CAS協議会はチップの販売業者の公募を開始した。

    すなわち、ACASチップを搭載するコストは製品の販売価格に上乗せされることになる。メインボード上にACASチップが直接搭載されるため、修理もカード交換だけでは済まずメーカー対応となり修理代が大幅に上昇(数万円)するほか、商社とメーカーがそれぞれ適正利潤を乗せようとすれば、B-CASカードのコスト300円を超えることは必至だ。そして、その金額は製品価格に加えねばならなくなる。

    金額は小さいかもしれない。しかし、問題はこのような議論が密室で行われてしまっていることだ。

    2つのスクランブル解除機能
    そもそもB-CASカードおよびACASチップには主に2つの機能がある。ひとつは暗号化された映像を復元するスクランブル解除機能。もうひとつは有料放送局が加入者を識別したり、NHKがカード番号登録を依頼するようメッセージ表示する際に用いる契約者識別機能だ。

    なお、この2つの機能のうちスクランブル解除に関してはICを用いる必要はなくソフトウエアでも実現できる。つまり、CASを導入することによる受益者は、契約者識別によってスムーズな課金をできるようになるNHKと有料放送事業者ということだ。

    実はこのB-CASカードも、サービス開始直前まではチューナー搭載製品への同梱が必須となる予定ではなかった。上記のように受益者となる事業者(NHKと有料放送事業者)が少数派だったためだ。

    多数派である無料放送局はスクランブル解除機能以外は不要であり、ソフトウエアでも対応できる。そのため、費用負担が発生するB-CASカードには反対の立場だった。有料放送局は加入者識別機能がなければ、そもそもの事業が成立しないが、有料放送局ならば新規加入者向けに個別にカードを発行すればいいだけだ。

    しかし、民放でデジタル放送開始の準備をしていた当時の担当者の証言によると、NHKの担当者がB-CASカードをデジタル放送の必須アイテムにするように強く主張したという。これはカード登録をうながすことにより、受信料未払いの視聴者をあぶり出すメッセージを表示するためだ。

    この目的のために全デジタル放送チューナーにB-CASカードが添付されることになって現在に至っている。これだけでも利便性の点では大問題といえるが、費用負担という点では消費者が一方的に不利益を強いられることはなかった。

    ところがB-CASカードの後継であるACASの枠組みが現行案のまま進められると、加入者識別機能にかかるコストは確実に4K/8Kチューナーを搭載する全製品の価格を押し上げ、消費者側の負担になる。

    元々はB-CASカードと同じようなカード形式も検討されていたが、有料放送を無料のまま視聴可能になる「ブラックB-CASカード」が出回ったこともあるため、安全性のためにチップレベルで組み込む方向へと議論が動いてきたという。
    以下ソース
    http://toyokeizai.net/articles/-/181314

    【【家電】B-CASカードは4K/8Kになると消費者にデメリットが・・】の続きを読む

    hqdefault

    1: 2017/07/21(金) 04:31:08.25 ID:CAP_USER9
    リンキン・パークのチェスター・ベニントンが死去
    2017/07/21 03:35掲載

    Chester Bennington
    海外サイトTMZは、リンキン・パーク(Linkin Park)のフロントマン、チェスター・ベニントン(Chester Bennington)が死去したと報道。同サイトは警察関係者からの話として、現地時間7月20日午前9時前に、ロサンゼルスのパロス・ヴェルデスにある私邸でチェスターが首を吊って自殺しているのが発見されたと伝えています。41歳でした。

    【Update:2017/07/21 04:19】
    メンバーのマイク・シノダが自身のツイッターでチェスターの訃報は「本当だ」と伝えています。公式声明が後ほど出されるようです

    http://amass.jp/91762/

    【【訃報】リンキン・パークのボーカリスト、チェスター・ベニントンが自殺】の続きを読む

    1: 2017/07/20(木) 14:14:32.06 ID:CAP_USER9
    いよいよ夏が本気を出し始めた。関東地方では梅雨明けが宣言され、ところによっては連日の猛暑日を記録する日本列島。「もう……限界だ」なんて声も聞こえてきそうだが、そんなときこそ冷たいアイスクリームで乗り切ろうではないか。

    今回はそのアイスの頂点を決めるアンケート企画「一番好きなアイス決定戦」の結果発表だ。果たして、投票された5520票の行方はどうなったのか? みんなが一番好きなアイスには何が選ばれたのか? 以下でご覧いただきたい。

    ・結果発表

    アンケートサイト「みんなの声」の協力を得て開催された今回の企画。先述の通り総投票数は5520票であった。そもそもの種類が多くエントリーすら困難なアンケートだったため、迷った方も多かったに違いない。それでもみんなが選んだ1番好きなアイスは以下の通りである!

    ・第1位:チョコモナカジャンボ(1209票)

    堂々の第1位は森永製菓の「チョコモナカジャンボ」であった。モナカ・チョコ・板チョコが織りなすパリパリ3重奏は芸術品レベルの完成度で、多くの人から支持を得ているようだ。確かに店頭で迷っても、チョコモナカジャンボにしておけば間違いはない……! おめでとう、チョコモナカジャンボ!!
    no title


    ・第2位:スーパーカップ(1022票)

    一時は首位を快走していたものの、チョコモナカジャンボに差しきられる格好で2位で終わったスーパーカップ。それでも序盤から首位争いを繰り広げた実力は立派の一言だ。アンケート企画全般に言えることだが、やはり定番は強い。
    no title


    ・第3位:ガリガリくん(659票)

    3位に滑り込んだのは、庶民派アイスの大定番・ガリガリくんであった。サッパリとした味わいはまさにこれからの季節にピッタリで、価格の手頃さも魅力的。さらには今でもあたり棒を搭載した “ワクワクするアイス” の代名詞的存在といえるだろう。
    no title


    ・第4位:ヨーロピアンシュガーコーン(350票)

    単体での発売はなく、箱アイス限定であったもののヨーロピアンシュガーコーンが4位をゲットした。ワッフルを含む味の良さについては割愛するが、何といってもスーパーで購入すれば1本50円もしないコスパの良さが評価されたと推測される。常に冷凍庫に入っていてほしいアイスだ。
    no title


    ・第5位:サクレ(283票)

    さっぱりすっきり美味しいアイス、サクレが5位に入賞した。シャリシャリとした食感は夏らしさ全快のウマさで、食べ続けると頭がキーンとするのはご愛嬌である。スプーンを使ってゆっくり味わいたいアイスといえるハズだ。
    no title


    (以下省略、順位のみ記す)

    ・第6位:ブラックモンブラン(279票)
    ・第7位:ビエネッタ(220票)
    ・第8位:カルピスアイスバー(132票)
    ・第9位:レモン牛乳ソフト(114票)
    ・第10位:ゴールドライン(110票)

    http://rocketnews24.com/2017/07/19/930777/

    【【調査】一番好きなアイスアンケート、堂々1位は?】の続きを読む

    51nNXE4UM2L

    1: 2017/07/20(木) 17:37:01.93 ID:CAP_USER9
    世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」の出場選手が20日までに、レース後の自身の脚を撮った画像をソーシャルメディアに投稿した。日に焼けた皮膚や一面に浮き上がった血管などが競技の過酷さを強く印象付けるとして大きな反響を呼んでいる。

    画像を投稿したのはドイツのチーム、ボーラ・ハンスグローエに所属するポーランド人のパヴェル・ポリャンスキー選手。18日に行われたツールの第16ステージの後、自らの両脚を撮影し、インスタグラムに公開した。

    太ももからくるぶしにかけて血管がくっきりと浮かび上がり、レース中強い日差しにさらされるひざの部分は茶色く焼けている。自転車界で最も栄誉あるレースに挑む上で、アスリートの肉体が日々どれほどの負担に耐えているかが一目でわかる画像だ。

    27歳のポリャンスキー選手は画像に添えて、「16ステージを走り終え、自分の両脚は見たところ少し疲れ気味のようだ」とコメントした。

    104回目を数える今年のツール・ド・フランスには198人の選手が参加。23日間にわたり全21ステージを走破する。総走行距離は3540キロ。険しい山岳コースも含まれるが、全日程中休息日は2日しかない。

    19日には第17ステージが行われる。ポリャンスキー選手は現在個人総合順位で75位。所属するボーラ・ハンスグローエは22チーム中18位だ。

    大会は23日に閉幕する。

    ソース/CNN
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35104491.html

    画像
    no title

    【【自転車】ツール・ド・フランス、選手がレース後の「脚」画像を公開】の続きを読む

    94381938_1

    1: 2017/07/19(水) 13:46:01.83 ID:CAP_USER
    公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

    年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

     18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。
    http://www.asahi.com/articles/ASK7L5WC7K7LUTFK01C.html

    【【政治】年金受給開始「75歳からも」内閣府の検討会で意見】の続きを読む

    Elon_Musk_2015

    1: 2017/07/20(木) 16:32:40.11 ID:CAP_USER
    人工知能(AI)が文明にとって脅威となり、手遅れになる前に、AIを開発する企業を規制してほしいーーTeslaおよびSpaceXの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏が米知事らにそう訴えた。

     Musk氏がAIを警戒していることは、よく知られている。実際に、より安全なAIの開発を目指す非営利団体OpenAIも創設している。全米知事協会の会合で講演を行った同氏は、知事らに対して、AIは「人類の文明存続に対する重大なリスク」であり、事前の規制監督が必要だと述べた。

     Musk氏は知事らに対して、「私は最先端のAIに触れられる立場にある。人々はAIを本当に懸念すべきだと思う。私は警鐘を鳴らし続けているが、ロボットが通りを歩いて人間を殺戮するのを実際に目にするまで、人々はどのように反応すればいいのか分からない。こうした脅威は現実感が非常に希薄であるように思えるからだ」と述べた。

     「AIは、事後ではなく事前に対策を講じる必要があると私が考える、極めてまれなケースである。事後に規制しても手遅れだと考えているからだ」(同氏)
    https://japan.cnet.com/article/35104405/

    【「ロボットが人間を殺戮する前にAIを規制すべき」テスラモーターズCEO イーロンマスクが発言】の続きを読む

    1: 2017/07/19(水) 21:43:53.39 ID:CAP_USER
    究極のクリーンエネルギー”
    水素は、よく、そう表現されます。二酸化炭素を出さない次世代エネルギーの本命とも言われます。ただ、今、日本で利用されている水素エネルギーは、実は製造過程で二酸化炭素が発生し、理想を完全には実現できていません。さらに期待したほど普及が進まず、厳しい現実に直面しています。“水素社会”は本当にやってくるのでしょうか。

    今月、トヨタ自動車と東芝が、相次いで水素の新たな事業を発表しました。目指すのは二酸化炭素ゼロの究極の水素を作り出す取り組みです。

    トヨタが始めたのは風力発電。神奈川県などと共同で、横浜市にある風力発電所に水素の製造装置を作りました。CO2を出さない風力の電気を使って、水を電気分解して水素を取り出します。できた水素は近くの工場のフォークリフトの燃料に利用します。一方、東芝は太陽光発電です。やはりCO2を出さない太陽光の電力で水から水素を取り出し、工場や港で動く車の燃料にします。

    実は、今、日本で使われている水素の多くは、天然ガスから取り出す方法で製造されています。しかし、これだと、製造過程でCO2が排出されてしまいます。トヨタと東芝の試みは、水素の製造から利用まで一貫してCO2を出さないことがアピールポイントです。

    東芝の次世代エネルギー事業開発プロジェクトチームの大田裕之統括部長は「世界のエネルギー需要を見ても、二酸化炭素をどう減らすかが課題になっている。それを解決できるのが水素だ」と強調していました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/still/biz_0719_01_fuuryoku.jpg

    日本の大手企業が、なぜ、相次いで、こうしたアピールを行ったのでしょうか?

    1つには、水素が思うように普及しないという焦りがあります。水素が次世代のエネルギーとして大きく注目されるようになったのは2002年。トヨタとホンダが、水素を燃料にする燃料電池車のリース販売を開始したことでした。

    燃料電池車は、燃料の水素と空気中の酸素を使って電気を起こし、それをエネルギーに走る車。排出されるのは水だけです。2年前には、トヨタは一般の消費者向けに燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の販売を開始。エコカーの“本命”がいよいよ登場、と期待が高まりました。

    しかし、「MIRAI」のメーカー希望小売価格は723万円(補助金含めず)と高額で、なかなか手が出ないのが正直なところ。これまでに国内で売れたのは1770台です。水素を補給する水素ステーションも建設費用が高く、思うように整備が進んでいないのが現状です。

    量産できれば車の価格も下がり、もっと買いやすくなるし、水素の消費も増える。そうすれば水素ステーションも採算が合い、あちこちで整備が進む。残念ながらそういう好循環はまだ起きていません。トヨタの友山茂樹専務も「いかに使い手を増やしてコストを下げていくかが課題だ」と話しています。

    燃料電池車の普及が進まない中、エコカーとして一気に存在感を高めたのが電気自動車(EV)です。

    電気自動車のリーダー的メーカー、アメリカのテスラ・モーターズの株式の時価総額が、4月にGM=ゼネラル・モーターズを一時、上回り、話題をさらいました。電気自動車の今の勢いを物語るエピソードです。

    世界最大の自動車市場・中国では、電気自動車を優遇する国家戦略が進んでいます。ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンは2025年までに30車種以上の電気自動車を販売すると宣言。今、世界的な“EVシフト”が進んでいます。

    燃料電池車は、“車の中”で電気を作ります。それに対して、電気自動車は、“車の外”から電気を入れます。どちらも電気で動くエコカーという点では共通していますが、コストが大きく違います。それが電気自動車リードの大きな理由です。

    自動車メーカーや各国の政府が今すぐ普及できる次世代のエコカーを考えたとき、車体の価格で見ても、充電器の整備などインフラ整備の手間を見ても、現時点では、電気自動車に軍配があがるのは間違いありません。
    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0719.html

    【【トヨタ】水素自動車、普及が進まず】の続きを読む

    h_visual

    1: 2017/07/18(火) 13:45:34.75 ID:CAP_USER9
    米動画配信大手ネットフリックス(Netflix)は17日、2017年4~6月期に全世界の加入者が520万人増と予想以上の伸びをみせ、
    1億人を超えたと発表した。同社の株価は時間外取引で10%超上昇した。

    同期の決算で明らかにした。加入者は1億395万人に達し、伸びの大半は米国外の市場が寄与した。
    シリコンバレー(Silicon Valley)に本社を置くネットフリックスは、グローバルなテレビサービス企業として成長するため
    国外に重点的に投資してきた。同期には米国外の加入者が初めて全体の過半を占めた。

    売上高は前年同期比32%増の27億8000万ドル(約3120億円)、純利益は同61%増の6600万ドル(約74億円)だった。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3136047

    別ソース
    米ネットフリックス:契約者数増加の勢い持続へ、海外が国内上回る
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-17/OT99JN6KLVR601

    【【映像配信】ネットフリックス、全世界で加入者1億人突破 予想以上の伸びに】の続きを読む

    このページのトップヘ