適当速報

管理人が気になったスレッドをメモ代わりに記録してるサイトです。 ゲーム、料理、格闘技の記事が多くなると思います。

    • カテゴリ:
    _SY355_

    1: 2017/11/08(水) 15:02:36.50 ID:CAP_USER
     Amazon.co.jpは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Amazon Echo」を日本で発売する。価格は11,980円(税込)でプライム会員は4,000円オフ。招待(予約)を本日受付開始し、来週より出荷する。また、小型の「Echo Dot」やスマートホーム対応の「Echo Plus」も発売。Echo Dotは5,980円(税込)で、プライム会員は2,000円オフ。Echo Plusは17,980円(税込)。

     また、4,000万曲のカタログをそろえ、Echo利用者は月額380円で使い放題になる「Music Unlimited」もあわせて展開する。通常は月額980円で、プライム会員は780円。ファミリープランも月額1,480円で用意する。

     クラウドベースの音声アシスタント「Alexa」は、話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認などが可能になる。遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所から、話しかけるだけでこれらの機能を呼び出せる。

     Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイを備え、音声を明確に聞き取る。マイクの信号を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示以外の話し声も抑制して認識。スピーカーとしては専用のツイータ、2.5インチのダウンファイアタイプのウーファも備え、「部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングも採用している」という。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1090358.html
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1090/358/am01_s.jpg

    【【製品】Amazonのスマートスピーカー「Echo」は11,980円。月刊380円の音楽配信も 】の続きを読む

    h_visual

    1: 2017/10/30(月) 15:22:27.97 ID:CAP_USER9
    長年「ゲイなのでは?」とささやかれ続けてきたケヴィン・スペイシーが、ついにカミングアウトした。

    「スタートレック:ディスカバリー」でポール・スタメッツ役を演じているアンソニー・ラップが、「14歳のときにケヴィン・スペイシーに無理やり性的な関係を持たされそうになった」と「Buzzfeed」とのインタビューでケヴィンを非難したのが事の発端だ。

    当時26歳だったケヴィンが自宅で開いたパーティーでのことだったという。泥酔したケヴィンは、花婿が花嫁を抱えるようにアンソニーを抱き上げ、ベッドに降ろすと彼の上に乗ってきたのだそうだ。
    アンソニーはもがいて逃げることに成功したが、「年を取るにつれて、ますます信じられなくなるんだ。14歳の少年にあんなことをする人がいるだなんてね」とショックは消えないまま…。

    アンソニーに対し、ケヴィンはツイッターで「30年以上前の酔っ払っていたときのことなので、正直に言うと覚えていません。しかし、彼が言ったことを私がしたなら、彼に何年も不快な思いを抱えさせてしまって本当に申し訳なく思っています」と謝罪。
    アンソニーの告白がきっかけで、カミングアウトに対する勇気が出たとのことで、「いままで男性とも女性とも付き合ったことがあります。男性とは私の人生を通して愛し合い、ロマンティックな関係を築いてきました。(最終的に)いまはゲイとしての人生を選んだのです」と大胆なツイートでゲイであることを認めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000009-cine-movi

    【【海外】ケヴィン・スペイシー、ゲイであることをカミングアウト 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    Elon_Musk_2015

    1:  2017/10/30(月) 14:45:34.71 ID:CAP_USER
    テスラが米国本社の管理職層を中心とした400人に解雇通知を出したと報じられた。削減数は明示されてはいないが、対象は400~700人、これは全従業員3万3000人の約2%にあたる。年次業績評価の低かった社員に対し、引導を渡した形である。

    その一方、中国では500人規模の人材募集を行っている。ただしこちらも最終の募集数はまだ未確定だ。経済ニュースサイト「騰訊財経」が伝えた。テスラは中国で何をしようとしているのだろうか。

    騰訊財経に記事を寄せた「第一財経」の取材によれば、テスラモーターズでは、このところ低調だった中国人学生の求人採用を加速し始めている。

    10月末、上海対外経貿大学における会社説明会で、一人の女子学生が挙手質問した。「テスラは中国で研究開発をするのですか?」。これに対し、テスラの責任者は「中国には研究開発の支部機構を置く。すでに北京で研究開発センターを成立させた」と答えた。研究開発部門は今回の招聘における中心部門の一つだが、実際の募集職種は多岐にわたっている。

    営業関連、アフターサービス、G&A(行政管理部門)、エンジニア、IT関連、とあり営業や顧客サポートなどは、募集人数が多い。さらに下取り車引取り担当という職務まで公表されている。

    上海に工場建設
    最近、テスラの中国事業は、世界中の関心集めている。同じ10月下旬には、上海浦東新区に世界最大の電気自動車用充電ステーションをオープンさせた。同時に50台の充電が可能な施設である。これは5カ月前に北京に建設した施設のキャパシティを大きく上回っている。

    さらに中国政府肝いりの上海自由貿易区では、独資工場の建設を模索している。上海市政府との間で協議を進めていたが、市政府側は、論評を拒んでいた。それに対して、北京の商務部(経済産業省に相当)は進出歓迎を表明した。三者間で落としどころを探っている気配だったが、どうやら合意できた模様である。自動車産業においては、独資の進出自体が特例である。うまく交渉すればさらなる特例措置も期待できるそうだ。

    北京の研究開発センターに加え、上海工場が実現となれば、ベストバランスといえる。

    テスラ最大の市場に
    第一財経の記者のレポートによると、テスラの業績は今後5年で大幅な上昇が見込まれている。今年の販売量10万台に対し、2022年には100万台となる。その2022年ごろには、中国はテスラ最大の市場となっている、と予測する。

    そのカギは、やはり上海工場の成否にありそうだ。フォルクスワーゲンは1985年、最高実力者・鄧小平と直接交渉し、中国で最初の外資系自動車工場「上海大衆」をオープンさせた。そのときのアドバンテージは30年以上も継続し、フォルクスワーゲンは未だに中国市場のトップシェアを握り続けている。そうしたチャンスの入口となるかどうかである。

    しかし現下のテスラは、目標未達で苦しんでいる。Model3の生産目標は5分の1しか達成していない。テスラは中国市場で成功するまで、さらに幾多の困難に直面しけなければならないだろう。
    https://zuuonline.com/archives/178843

    【【EV】テスラ、米国で管理職など400人解雇も中国では500人規模の募集 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    _SY355_

    1: ノチラ ★ 2017/10/27(金) 21:07:32.92 ID:CAP_USER
    アマゾンのスマートスピーカー、Amazon Echoが11月、ついに日本上陸することが確定した。アマゾンは11月8日、都内でAmazon AlexaとAmazon Echoに関する発表会を開催すると報道関係者にアナウンスした。
    スマートスピーカー(AIスピーカー)をめぐっては、8月にLINEが「ClovaWAVE」を先行発売し、その後、10月6日にはグーグルの「Google Home」の発売が始まった。日本では最後発の参入となる。
    アマゾンによると、11月8日の製品発表会見には、アマゾンジャパン合同会社のジャスパー・チャン社長のほか、Amazon.com Inc,のAmazon Alexa担当シニア・バイス・プレジデントのトム・テイラー氏、アマゾンジャパン合同会社Alexaエクスペリエンス&デバイス・シニアマネージャーのカレン・ルービン氏が登壇する模様だ。
    アメリカでは、Amazon Echoシリーズは累計1000万台以上の出荷があるとされており、事実上の最大勢力。日本参入に向けて、日本語対応のみならず、パートナー企業や関連サービスをどこまで広げてくるのか、注目だ。
    https://www.businessinsider.jp/post-106488

    【【IT】AIスピーカー「Amazon Echo」が11月8日日本上陸確定】の続きを読む

    noimage

    1: 2017/09/17(日) 11:47:13.12 ID:CAP_USER9
     23日(土)に開催される「UFCファイトナイト・ジャパン」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメインイベントに
    出場予定だったマウリシオ・“ショーグン”・フアが負傷のため欠場。代役として岡見勇信が参戦することが決定した。

    岡見は、2006年にUFCに初参戦すると、11年には日本人選手として初となるタイトルマッチに出場。当時のミドル級王者
    アンデウソン・シウバ(ブラジル)と戦い、ベルト獲得とはならなかった。
    13年に当時ミドル級ランキング6位ながら、UFCをリリースされたが、今回4年振りのUFC復帰となる。
    岡見のUFC戦績は13勝5敗。

    【変更カード】
    <メインイベント ライトヘビー級マッチ>
    オヴィンス・サン・プルー(米国)
    岡見勇信(和術慧舟會東京本部)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00010001-spnaviv-fight

    【【格闘技】マウリシオ・“ショーグン”・フアが負傷欠場で岡見勇信が「UFCファイトナイト・ジャパン」のメイン戦に出場】の続きを読む

    CaneloGGGWeighIn_Hoganphotos1-1200x875

    1: 2017/09/17(日) 13:06:03.45 ID:CAP_USER9
    プロボクシングの注目の一戦、WBA 、WBC、IBF3団体統一のミドル級世界タイトル戦が16日(日本時間17日)、米国・ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、
    王者のゲンナジー・ゴロフキン(35、カザフスタン)が、三者三様のドロー判定で、元2階級王者のサウル“カネロ”アルバレス(27、メキシコ)から通算19度目の防衛に成功した。

    WBAは18度目、WBCは7度目、IBFは4度目の防衛。“トリプルG“”ことゴロフキンは、これで38勝(33KO)無敗。アルバレスは49勝(34KO)2敗1分けとなった。

    2万2000人を超えるファンの大歓声が交錯する中、ゴングが鳴った。

    ゴロフキンが左ジャブを出しながらプレシャーをかける。アルバレスは、左回りでサークリング。ゴロフキンの大ぶりになった右フックを外して、アルバレスが左のボディ。
    終盤には、アルバレスが足をとめ、その強烈なワンツーに王者が下がる場面も。2ラウンドに入るとアルバレスが逆にパワーを生かして前に出た。ボディをからめたコンビネーションブローに、アッパーがあるので、王者に戸惑いが見える。

    左フックから突破口を開こうとするが、アルバレスのガードは固い。

    4ラウンドに挑戦者が左ボディから右フックを連打すると、ゴロフキンは、両手を広げて「効いていない」のポーズ。逆にロープを背負わせ王者がパンチをまとめるとアルバレスがクビを横に振ってアピールした。
    両者の意地の火花がバチバチと飛ぶ。5ラウンドもアルバレスがロープを背負わされ、ゴロフキンが連打を浴びせ、右のフックが一発ヒットしたが、何度もアルバレスは「効いていない」とクビを振った。
     
    それでも、4、5ラウンドは手数でゴロフキンか。

    6ラウンドに入りアルバレスは戦いの場をリング中央へと押し戻そうとするが、ゴロフキンは前進を止めない。明確なクリーンヒットはないが、ゴロフキンが、ジワジワとペースをつかみつつある。
    細かいパンチを休みなく繰り出す。8ラウンド、王者の至近距離からの左のアッパーが当たりアルバレスがぐらついた。
    アルバレスはアッパーを打ち込み一発逆転を狙うが、ゴロフキンを止めることができない。

    10ラウンド。ポイントでは不利と見たアルバレスが勝負に出た。ラッシュをかけ、ゴロフキンを困惑させたが、形勢逆転とまではいかない。ゴロフキンは負けずに反撃。
    11ラウンドは、ゴロフキンが逆に前に出てきた。アルバレスは、打ち疲れもあるのだろう。そのプレッシャーに対抗することができなかった。

    最終ラウンド。アルバレスが、最後の力をふりしぼり、インファイトを仕掛けてパンチを集中したが、ゴロフキンも耐える。もう逆転KOするだけのパンチは残っていなかった。
    35歳のゴロフキンは、手を出し続けて前進、そして、前進。観客が総立ちの中で、激しい打ち合いが続き、試合終了のゴング。両者は、共に右手を突き上げて、自らが勝者であることをアピールしたが、
    判定は、一人が118-110でアルバレス、一人が115ー113でゴロフキン、一人で114-114のドローで、世紀の一戦は痛み分けとなった。
     
    9/17(日) 13:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000002-wordleafs-fight

    【【ボクシング】ミドル級世界タイトル戦 統一王者ゴロフキンがドロー判定で防衛】の続きを読む

    1: 2017/09/06(水) 16:54:32.06 ID:CAP_USER9
    蝶野正洋、高山善廣のケガに「取り返しがつかない。団体が規制を作らないと止まらない」
    2017年9月5日21時56分

    プロレスラーの蝶野正洋(53)が5日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)で、
    頸髄完全損傷で医師から回復の見込みがないと診断されたプロレスラー・高山善廣(50)についてコメントした。

    蝶野は「事故があったことは聞いていましたけど、こういう状況だってはっきり伝わってこなくて…
    (頸髄)完全損傷ですか? 取り返しがつかない形になってる」と話した。
    さらに「高山君は、先輩から後輩から、業界で信頼のある選手です。今も支援していこうという形が
    選手間の中で出てきましたので、是非回復を」と願った。
    「彼は新日本のリングで、一度脳梗塞って言う形で長期の欠場をして、そこから復帰をして、
    本当に不屈の闘志を持っている人ですから、是非頑張ってもらいたい」とエールを送った。

    またプロレス業界全体での事故防止の取り組みを問われると
    「使う側(団体)がそういうルールを作るしかないと思う。選手は多少のケガを押してでも、
    無理をしてでも、自分をアピールして出る。使う側が見極めて、規制を作らないと止めようがないと思う」
    と話した。

    「(高山選手は)キャリア25年以上。そういう選手になると古傷があります。
    本人達もリングに上がる前は怖いんです。ただ、リングに上がったら、そういった制御がなくなっちゃうところがある。
    今回はリング上で起きた事故ですけど、業界全体、プロモートする側、
    使う側がルールっていうのをかけないと止まらないと思います」と訴えた。

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170905-OHT1T50170.html
    蝶野正洋
    no title

    【【プロレス】蝶野正洋、高山善廣のケガに「取り返しがつかない。団体が規制を作らないと止まらない」】の続きを読む

    このページのトップヘ